なきゃにしの想いを綴ります。

猫とゲームが大好きな人です( ◠‿◠ )

川口春奈との出会い。

 

お久しぶりです。

なきゃにしです。

 

しばらくブログ更新できずに申し訳ありません。

決して面倒くさくて更新しなかったわけではありません。

 

 

そう、ネタがなかったのです。

 

 

 ブログで本格的に文章を書くことに慣れておらず中々何を書いていいのやら、何を書きたいのやらと悶々としていたのですが書くことに慣れないと続くものも続かないということでこれから積極的に書いていこうと思います。

 

 

 そこで継続して書いていく習慣を作るために今回はスマホで記事を書いています。

 これまでPCで書いていたのですがやはりスマートフォンで書く方が手軽でやりやすいと思いました。

 

 おそらく、まだスマホで見やすいように太字にしたり色を付けたり項目分けしたり、、、などなどの細かい工夫を組み込むことはまだ今の私には厳しいものがありますがこれから学んでいきながら会得していきたいと思います。

 詳しいかたいらしゃいましたらご指導くださると幸いです。

 

 

 

で、今回は何について語るのか、、

 

タイトルにもあるように私がある人に出会ったきっかけについて書こうと思います。

 

その人とは、、

f:id:nakyanishi:20180912025413j:image

川口春奈さんです。

 

 

一言で言いますと、私は川口春奈さんが好きです。

 

 

え、何?気持ち悪い👎と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 しかし、惚れてしまったものは仕方がないのです。

 一度芽生えた感情を消し去るというのは決して容易ではありません。

 

 

 普段、私は全くと言っていいほどテレビを見ません。(これにはまた理由がありそれを語り出すとまた一本記事が書けてしまうなと今書きながら思ったのでそれはまたいつかしっかりと形にして残せたらなと思います。)

 

 なのでテレビの中で活躍されている芸能人の方々についてはものすごく疎いです。好きな女性のタイプ、芸能人なら誰?と聞かれることがあっても中々思い浮かばず困り果てた末に「新垣結衣かな?」などと無難な答えを出し続けてきました。(新垣結衣さんもちゃんとお美しい方だと思ってますw)

 

 

 しかし、川口春奈さんと出会いそれ以降は同じような問いがあれば即答で「川口春奈!!」と答えるようになりました。

 

 今では毎日インスタグラム更新されていないかなとウキウキしながら寝る前にチェックするのが日課となっているのでございます。

 

 

 

そして、なぜ記事にするほど気持ちが高ぶっているのか.....

 

 それは、私が本当に一途な人間で、昔ある人を想っていたその時の感情を超越したと確信したからです。

 

あれは小学3年生のころ...

今の私のように少年なきゃにしはひとりの女性に想いを寄せていました。

その方とは

f:id:nakyanishi:20180912031532j:image

f:id:nakyanishi:20180912031536j:image

シンガーソングライターのYUIさんです。

 

今ではyuiさんとして活動されています。

 

 初めて聴いた曲は誰しもが知っているであろう「CHE.R.RY」

 幼心ながらにその曲のように恋してちゃったんだと思います。

なんだかんだ、その想いはソロシンガーとして活動していた2012年、私が高校1年生だった頃まで続きました。

 その期間実に8年。

 正気の沙汰では無いかもしれません。

 特に中学生の頃は思春期で多感な時期でもありますから、何かを本気で頑張れば本当にこの人と一生を添い遂げることができるのではないかと思っていたほどです。

 

 

しかし、この想いは崩れてしまった、というよりも自分の中で整理が付かず自ら投げ出してしまった.....

 

 

 あれは、彼女がソロシンガーを辞めバンドとして活動し始めるという知らせを受けた時でした。

 私は彼女のその形(なり)はもちろんのことですが、想いの根源は楽曲の中に込められた何かから生まれていたものでした。

彼女が描いた歌を聴き同じ情景を共有しているかのように感じていました。

 

 

 しかし、バンドとして出した楽曲を聴いてもなぜか全く自分の中に情景のイメージを作り出せませんでした。

 

 

 そうした状況に困惑し、嘆き、悲しみ、虚しさを覚えました。

 当時の私はその気持ちをどう表現していいか分からず心の何処かに無理矢理押し込み、隠し、偽り何も無かったんだと、これまで見えていたものなど元から無かったんだとそう言い聞かせ、そこから何年かの間、ソロシンガーとしての出していた曲さえも聴くことができませんでした。

 

 

 

 そうしている間に、私は大学受験を迎え必至に勉強する日々を過ごしていく中で少しずつその想いを無意識の間に消していったのでしょう

今では良い思い出の楽曲達として聴くことができるようになりました。

 

それ以来、私は遠い存在の女性に強い想いを抱くことはありませんでした。

 

 

 

 

 ここで、前置きは長くなりましたが、また同じように一目惚れしてしまった川口春奈さんとの出会いのきっかけの話に入ります。

 

 

まず、その出会いのきっかけとなったのはある映画作品でした。

 

それは

f:id:nakyanishi:20180912034530j:image

一週間フレンズ。です

 

ここから先、多少ネタバレ要素があるかもしれませんがご了承ください。

 

 

 

 

 まず、この作品を見ようと思ったのは原作の漫画とアニメを見たことがあり、大変おもしろかったなという覚えがあったのでNetflixでたまたま見つけたので見てみようとなったのです。

 

 最初は原作やアニメがどういう描かれて方をしてるのかなぁ〜というくらいの気持ちで見ていました。

 

 

 一週間フレンズ。は記憶が一週間単位でリセットされてしまうヒロインと主人公の物語なのですが、主人公は記憶が無くなってしまうヒロインと友達になるために交換日記をして毎週友達になるというストーリーです。

↑原作、アニメとはちょっと違います

 

 

 

 最初に、私は一目惚れだと言いましたが実は本当に惚れたなと自覚したのは映画が終わってからでした。

 

 

 というのも作中で、ヒロインが昔好きだった男の記憶を取り戻し、対照的に主人公の記憶は忘れてしまいその後の一年間高校卒業まで一切関わらず日々が過ぎ去っていくという描写があります。

 

 そこで、私は主人公がヒロインのために交換日記など工夫をすることで、記憶障害のせいで人との関わりを断ち孤独に過ごしていたヒロインのために頑張っていた姿を見てきたこともあり、主人公のことを思い出せず忘れてしまったヒロインに対し深い憎悪を持ちました。

 惚れた話なのですが一度私はものすごく彼女に対してマイナスな感情を持っていました。

 

そして、卒業式の日

 映画のクライマックスで彼女は主人公のことを思い出し、謝罪し彼女の方からこれまで主人公がしてきたように「友達になってください」と言うシーンで幕を閉じます。

f:id:nakyanishi:20180912040017j:image

このシーンを見て私はものすごく安堵しました。

 

 

 映画を見終わりなぜあの時あんなにも憎しみの念が生まれたのか考えました。

そこで気づいたのは彼女が好きだったからなのだということでした。

 

 

 好きな女の子が自分の存在に気づいてくれない。思い出してくれない。その悲しみを押し殺すために無意識に憎むことで自己防衛していたのだと。

 

 

 そのことに気づきもう一度映画を直ぐに最初から見直しました。

 

 

 そうすると、彼女のことが愛おしいくたまらないではありませんか。

 

 

 彼女を見るたびに深く陶酔してしまう。

 

 

 最初に見たときはこうこんなに愛おしく思わなかった。というよりも、その気持ちに自分で気づいていなかっただけなんだなと、そう思いました。

 

 

 そして、川口春奈さんのインスタグラムや他の作品を見ても同じように見惚れてしまう。

 

 

この気持ちは本物なんだと

 

 

 かつて、YUIさんがバンドを組み出した曲にシンパシーを感じれずその想いと別れることになった過去があったのでこの映画の外の彼女を見るのが最初は怖かった。

 

 しかし、彼女は女優であり演じることが生業。

 

 役柄が違えどその真髄にある何かは違わないのだと、確かにそれを自分は自覚はしきれていないけど感じ取っている。

 

そのことに気づいて気持ちがより高まった。

 

これはまた大きな恋をしてしまったな...

 

 

 

と、以上で川口春奈さんとの出会いの?物語でした!

締め方が下手くそでぎこちなくてすみませんw

 

 やはり、自分が形にしたい!そう思えることはスラスラとペンが進むな(手書きではないが)と思いましたw

 自分の思ってること、感じたこと、伝えたいことをアウトプットし形にするって楽しいな。

 

 まだまだ更新頻度は上げていくことは自分にはハードルは高いけれど、これから色んな表現を覚え整えたり飾ったり自由自在に気持ちを形にできる人になりたいなぁ....

 

 

最後に、長々と飽きずに読んでくださった方々本当にありがとうございます😊

 

これからも皆様のお目に止まる機会がありましたら、またお付き合いください。

 

それでは!!

 

 

Twitter

猫動画ばら撒きアカウント:

【猫ニコ】なきゃにし卍猫発信マン卍(@nekonico_cat)さん | Twitter

なきゃにし:

Dots|なきゃにし (@nakyanishi_game) | Twitter

 

YouTube

t.co